Unity Vr Sample

by sueno
+

( Updated 12 minutes ago )

Unity virtual reality Sample

紹介動画など

https://www.youtube.com/user/javajunkies409

概要

UnityとKinect,iPhone,HMD(Oculus rift)等を用いてVR体験をするプロジェクトです。

  • 使用するデバイス

    • Kinect (必須)
    • iPhone (任意、【13/02/23 更新】次のURLからコントローラが使えます.http://sueno.github.io/Unity_VR_Sample_WSController/ iPhone5,iPhone4で動作確認.説明はそのうち追加します.)
    • Android (任意、【13/02/23 更新】上記コントローラは機種によっては使えない模様(Nexus7:回転可,ドラッグ不可)【13/02/05 更新】アプリ作ってもらいました(未完成)https://github.com/satanabe1/nohoPhoneController
           アンドロイド用apkはこちらhttps://github.com/satanabe1/nohoPhoneController/tree/master/dist
           )
      
    • Oculus rift (任意、そのうち設定方法書きます)
  • ゲームを想定した機能も多少用意しています

    • 生き物オブジェクト : HP等いくつかのステータスを持ちます
    • 武器オブジェクト : 生き物オブジェクトにダメージを与えます
    • アイテムオブジェクト : 手で掴んだりできます
    • その他今後実装予定...
  • その他

    • MMDのモデル(pmx限定)を簡単に読み込む機能

動作環境

Unityの動作環境を満たすもの(Windows XP SP2 以降の Windows もしくは Mac OS X Intel CPU および 10.6 以降の Mac OS)

Unity4.3.2

インストール手順

注意! 本プロジェクトは十分な動作確認を行っていないため、 正常に動作するケースは稀です。
8割がた失敗しても良い方のみお試しください。
詳細な手順はそのうち書きます。

  1. 必要なもの

    • Kinect for Windows SDK 1.8 または OpenNI (必須)
    • ZDK_Unity40_1.1_trial.unitypackage (Zigfu) (必須)
    • Unity4.3.2 (必須、Unity4.3以降であれば動作するはずです)
    • mmd-for-unity 2.1b(MMDのモデルを動かしたい人向け)
    • LitJSON 0.7.0 (iPhone,Androidのコントローラを使う場合必要)
    • websocket-sharp (iPhone,Androidのコントローラを使う場合必要)
    • Osulus rift developper tool kit ? (Oculus rift 使いたい人)
  2. Windows : Microsoftから、Kinect for Windows SDK 1.8 のインストール
    Mac : ZigFuのサイトからプラグイン(OpenNI含む)をインストール

  3. Unity4.3.2の入手(Unity4.3以降)

  4. Zigfuから、ZDKのダウンロード

    • ここで、Kinectのサンプルプロジェクトの動作確認をしてみてください。
  5. 本プロジェクト(Unity_VR_Sample)の入手

以降、必要な場合のみ

  1. LitJSON,websocket-sharpのダウンロード

  2. Oculus rift 使いたい人は適当に入れて下さい

使用方法(mmd-for-unityを使用する場合)

  1. Unityのプロジェクトを作成します

  2. Assetsフォルダに、ZDK,Unity_VR_Sample,mmd-for-unity(,LitJSON,websocket-sharp,OVR)を入れます

  3. Unity_VR_Sample/UseAnothoerLibraryClasses/から、使っていないライブラリのクラスを消します (Unity_VR_Sample/UseAnothoerLibraryClasses/PropsAnimationあたり)

  4. Assetsフォルダに、Kinectで動かしたいモデル(以後モデル)を入れます

  5. モデルのpmxファイルを選択すると、Inspector(ウィンドウ右側)にmmd-for-unityのconvertなんちゃらが出てくるので、AnimationTypeHuman MecanimにしてConvert Prefabをおします。モデルがSceneに追加されれば成功です。

  6. Unity_VR_Sample/Prefab/MainPlayer.prefabをHierarchy(ウィンドウ左上)にドラッグ&ドロップします

  7. Hierarchyにあるモデルを先ほどHierarchyに追加したMainPlayer内にドラッグ&ドロップします

  8. HierarchyのモデルにUnity_VR_Sample/MainPlayer/MainCharactorController.csUnity_VR_Sample/UseAnothoerLibraryClasses/Zigfu/CustomZigSkeleton.csを追加(ドラッグ&ドロップ)します。

  9. Hierarchyのモデルを選択し、InspectorのMain Charactor Controllerの項目を開き、次のように設定します

    • Main Cameraの項目に、HierarchyのMainPlayer/camerapositionをドラッグ&ドロップします
    • Dataの中のRootObjectにHierarchyのMainPlayerをドラッグ&ドロップします
    • Main Playerにチェックを入れます
    • iPhone,Androidコントローラを使用する場合、Use Remote Controllerにチェックを入れます
  10. HierarchyのMainPlayer/ZigFuを選択し、InspectorのZig Engage Single Userの項目を開き、次のように設定します

    • Engaged Usersの中のElement 0にHierarchyのモデルをドラッグ&ドロップします
  11. 実行します

(12. エラーが出るので、バグを報告します

使用方法(自作、またはUnityのモデルを使用する場合)

頑張る。