List Fields

MIT
by a3geek

EditorGUI extender for Unity. Add List field.

( Crawled 2 months ago )
+

ListFields

Description

UnityのEditorGUI向けにListFieldを追加するライブラリです。
複数のFieldをリスト化して管理します。

内部で保存しているListのCountをListCount、GUIかSetCount関数にて設定されるCountをFieldCountと表現しています。

Usage

サンプルコード

private TextList textList = null;

void Init() {
    this.textList = new TextList("Text List");
}

void OnGUI() {
    this.textList.Draw();

    foreach(var str in this.textList.GetList()){
        Debug.Log(str);
    }
}

より詳しい使い方はExampleを参照してください。

Listの種類

  • BoundsList (BoundsField)
  • ColorList (ColorField)
  • CurveList (CurveField)
  • DelayedFloatList (DelayedFloatField)
  • DelayedIntList (DelayedIntField)
  • DelayedTextList (DelayedTextField)
  • DoubeList (DoubleField)
  • FloatList (FloatField)
  • IntList (IntField)
  • LabelList (LabelField)
  • LayerList (LayerField)
  • MaskList (MaskField)
  • ObjectList (ObjectField)
  • PasswordList (PasswordField)
  • PropertyList (PropertyField)
  • RectList (RectField)
  • TagList (TagField)
  • TextList (TextField)
  • Vector2List (Vector2Field)
  • Vector3List (Vector3Field)
  • Vector4List (Vector4Field)

新しい種類を追加する方法

  1. ListField<T>を継承する (Tは保存するListの型)
  2. protected abstract Func<int, T, T> drawer { get; }overrideして各要素の描画方法を実装する

Behavior

  • FieldCountを設定するGUIでは、Applyボタン以外にEnterキーによっても適用されます。
  • Indexerが実装されていますが、ListCountではなくFieldCountに依存しています。
  • GUIかSetCount関数にてFieldCountが減らされても内部的にはListCountは変更せず値は維持されるので、FieldCountとListCountは必ずしも一致しません。 ``` csharp var textList = new TextList("Text List"); Debug.Log(textList.Count); // 0

textList.SetCount(0); textList.AddValue("a"); textList.AddValue("b"); textList.AddValue("c");

Debug.Log(textList.Count); // 3 Debug.Log(textList[0]); // "a" Debug.Log(textList[1]); // "b" Debug.Log(textList[2]); // "c"

textList.SetCount(0); Debug.Log(textList.Count); // 0

textList.SetCount(3); Debug.Log(textList.Count); // 3 // 前に保存した値が維持されている Debug.Log(textList[0]); // "a" Debug.Log(textList[1]); // "b" Debug.Log(textList[2]); // "c" ```

API

インターフェース

ListFieldはIListTypeを継承しており、*マークが付いているAPIはIListTypeに宣言されています。

<T>は保存するListの型を表しています。

プロパティ

event Action<bool> OnFoldToggle *

Listの表示・非表示が行われた時に呼ばれるイベント

event Action OnCountChanged *

ListCountが変更された時に呼ばれるイベント

Func<int, object, object> Drawer { get; } *

各要素の描画関数

Func<int, string> Labeler { get; set; } *

各要素のラベル表示を決める関数

float MinHeight { get; set; } *

要素を表示する領域の高さの最小値

float MaxHeight { get; set; } *

要素を表示する領域の高さの最大値

float MinWidth { get; set; } *

要素を表示する領域の幅の最小値

float MaxWidth { get; set; } *

要素を表示する領域の幅の最大値

bool ShowHorizontalScrollBar { get; set; } *

要素を表示する領域に横スクロールバーの表示・非表示を設定

bool ShowVerticalScrollBar { get; set; } *

要素を表示する領域に縦スクロールバーの表示・非表示を設定

bool ShowCountField { get; set; } *

ListCountを設定するGUIの表示・非表示を設定

int Count { get; } *

FieldCountを取得

bool Folding { get; } *

ListFieldが表示・非表示に関する状態を取得

string Label { get; } *

ListFieldのラベルを取得

メソッド

void Draw() *

ListFieldの描画(OnGUI関数等で呼び出してください)

void SetCount(int count) *

FieldCountの設定

IEnumerable<object> GetObjectList() *

object型に変換されたListを取得

IEnumerable<T> GetList()

FieldCount分のListデータを取得

IEnumerable<T> GetAllList()

FieldCountに関係なく、内部的に保存している全てのListデータを取得

IEnumerable<T> GetValidityList()

FieldCount分のListデータからNullではないデータを抽出して取得

Example

  1. Assets/ListFields/Scenes/ListFields.unity を開きます。
  2. メニューバーのA3Utility → ListFields → Example Windowを選びます。
  3. Screenshotsにあるようなウィンドウが表示されます。

HierarchyでExampleゲームオブジェクトを選択した状態で2 ~ 3の手順を行うと、Example WindowにPropertyListが表示されます。
PropertyListはExampleゲームオブジェクトにアタッチされているExampleObj.csのプロパティを元に表示しています。

Screenshots