Unity V Rpractice

by mizukicker

VRの練習

( Crawled 16 hours ago )
+

UnityによるVRアプリケーション開発


表紙


本リポジトリはオライリー・ジャパン発行書籍『UnityによるVRアプリケーション開発』(原書名『Unity Virtual Reality Projects』)のサポートサイトです。

日本語版巻末付録記事の全文を公開しました

サンプルコード

サンプルコードの解説は本書籍をご覧ください。

ダウンロード方法

Unity 5.4.x 系および、5.5.x 系をお使いの場合は https://github.com/oreilly-japan/unity-virtual-reality-projects-ja/archive/master.zip から、

Unity 5.3.x 系をお使いの場合は https://github.com/oreilly-japan/unity-virtual-reality-projects-ja/archive/unity53x.zip から、それぞれダウンロードしてください。

使用方法

code フォルダーの下に本書のUnityプロジェクトを章ごとに完成した状態で用意してあります。ただし、Unity標準アセットやGoogle VR SDK等は含まれていないので、プロジェクトをUnityで開いたら次の手順で必要なものをインポートしてください。 (本書の手順に従って新規にプロジェクトを作成したい方は、resourcesフォルダーの下に各章ごとに必要なリソースファイルを置いてありますので、必要に応じてお使いください。)

  1. メインメニューの[Assets]を選択します。それから[Import Package]→[Characters]の順に操作します。
  2. インポート可能なすべてのものをリスト表示したインポートダイアログがポップアップするので[Import]をクリックします。
  3. 同様にして[Assets]→[Import Package]→[Effects]の順に操作し、ポップアップしたインポートダイアログで[Import]をクリックします。
  4. 同様にして[Assets]→[Import Package]→[ParticleSystems]の順に操作し、ポップアップしたインポートダイアログで[Import]をクリックします。
  5. ウェブブラウザでhttps://developers.google.com/vr/unity/downloadを開いて、Google VR SDK for Unityをダウンロードします。
  6. Unityのメインメニューの[Assets]から[Import Package]→[Custom Package...]を選択します。
  7. ダウンロードしたGoogleVRForUnity.unitypackageというファイルを見つけて選択します。
  8. すべてのアセットにチェックが付いていることを確認して、[Import]をクリックします。
  9. ProjectパネルのAssetsを選択し、シーン(Unityのロゴがアイコンになっているもの)をダブルクリックして開くとSceneビューにオブジェクトが表示されます。

付録 A の GearVR 用のビルド設定はこちら

付録 B の Daydream用アプリケーション開発環境の設定はこちら

実行環境

日本語版で検証に使用した各ソフトウェアのバージョン、およびハードウェアは次のとおりです。

ソフトウェア

  • Unity 5.5.0f3, 5.4.2f2-GVR12, 5.4.2f1, 5.3.6f1
  • Blender 2.77
  • Android SDK API level 23
  • Xcode 7.3.1
  • Google VR SDK for Unity v1.0.3

ハードウェア(括弧内はOSのバージョン)

  • Samsung Galaxy S6 edge(Android 6.0.1)
  • Nexus 5X(Android 7.0)
  • iPhone 6 Plus(iOS 9.3.2)
  • MacBook Pro Retina, 13-inch, Mid 2014(Mac OS X 10.11.5)
  • Windows PC, GPU: NVIDIA GeForce GTX980Ti(Windows 8)

VRデバイス

  • Oculus Rift製品版、およびDK2
  • Google Cardboard
  • Sumsung Gear VR

正誤表

下記の誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

本ページに掲載されていない誤植・間違いを見つけた方は、japan@oreilly.co.jpまでお知らせください。

第1刷をお持ちの方

4章 P.65 20行目

車アイコンを押して[Rest]を選択します。

車アイコンを押して[Reset]を選択します。

5章 P.116 17行目

DetectMoveDown()関数はUpdaet()が呼ばれるたびにカメラのX回転(角)を取得して

DetectMoveDown()関数はUpdate()が呼ばれるたびにカメラのX回転(角)を取得して