Shaders & Effects

Unity Simple Compute Shader Examples

SimpleComputeShaderExamples

社内勉強会 ComputeShader入門 サンプルコード

SimpleComputeShader

DispatchThreadID.xyの値をRenderTextureに書き込むサンプルコード

SimpleParticleSystem

シンプルなパーティクルシステム

ParticleSystemAppendConsumeBuffer

Particleのデータを格納するバッファにAppendStructuredBufferを使用
パーティクルのレンダリングは Graphics.DrawProceduralIndirect()で行う
書き込み(Append)用と、読み込み(Consume)用に、2つのComputeBufferType.Appendのバッファを用意し、パーティクルの更新時に、ConsumeStructuredBufferから現存するパーティクルのデータを読み取り、寿命を迎えていないものだけAppendStructuredBufferにAppendすることによって、パーティクルを増減させている。
(パーティクルの更新と、レンダリングの前にそれぞれ現存するパーティクルの個数、Indirect引数取得のためにCopyCountしてるけどあまり良くないかも…)
https://www.youtube.com/watch?v=hP5KA9HtRYA

ParticleSystemAppendConsumeBufferForDeadList

Particleのデータは通常のComputeBufferに持ち、死んでいるパーティクルのIDを格納するバッファ(DeadList)にAppend/ConsumeStructuredBufferを使った実装。 パーティクルエミット時には、エミット可能なパーティクルのIDをDeadListからConsumeしてくることによって現存するパーティクルにそのIDを加える。パーティクル更新時には、生存しているパーティクルのみを計算し、寿命を迎えた場合、DeadListにAppendする。
パーティクルのレンダリングは、Graphics.DrawProcedural()で行っている。死んでいるパーティクルはスケール0でレンダリングすることによって、見えないようにしている。
https://www.youtube.com/watch?v=vYnIczMLPuQ